ネイティブの英語が聞き取れない理由

スポンサーリンク

ネイティブの英語が聞き取れない理由

結論から言うと、ネイティブ英語を正確に聞き取れるようになるためには、とにかくたくさんのリスニングをして、英語の音になれるしかありません。そして膨大なリスニングから得られる経験から、脳が徐々に英語を言語として理解できるようになっていきます。

それには膨大な時間がかかるのですが、基本的な英語の発声ルールを知識として知っておくと、その時間を大幅に短縮することができます。

英単語の正しい発音を知らない

中学校1年生で習うような英単語でもネイティブスピーカーが実際にどう発音しているか知らなければ英語としてきちんと理解することができません。学校で習う英語は基本的には「受験英語」です。つまり、英語の4技能(リスニング、スピーキング、リーディング、ライティング)のうち、リーディングとライティングを重視した勉強です。

少なくとも私の経験では学校教育の中でカタカナではなく、英単語の正確な発音の仕方を習う時間はほとんどありませんでした。特にワーク(work)やウォーク(walk)の様にカタカナ英語として既に日本語の一部になってしまっている単語は頭の中にカタカナ英語の発音が定着してしまっているので、無意識にその音を期待してしまいます。

ですが、実際にはworkの発音記号は[wˈɚːk]、walkの発音記号は[wˈɔːk]となり強いてカタカナで表現するならworkはウォーク、walkはワークに聞こえます。つまり、頭の中の音が逆転してしまっているのです。

発音記号や基本単語の正確な発音を一度はきちんと学習しておきましょう。

日本語にない音はノイズにしか聞こえない

日本語の母音はアイウエオの5つですが、英語の母音は20以上あるといわれています。日本人の脳では母音は5つしか認識できないので、英語の母音を無意識に無理やり5つに分類してしまいます。

特に苦労するのは”あいまい母音”と言われるものです。発音記号は[ə]で表されます。これが日本人にとっては非常に厄介で、エとウの中間のような力の抜けた音になります。
英単語の中でストレス(アクセント)のない音節(シラブル)の母音は基本的にこの音になるため、まったく聞き取れないのです。

カタカナで表現できない = 脳が5つに分類できない音 = ノイズ

となってしまうわけですね。また、日本語にない音は母音だけではありません。vやth、rなどの日本語にない音は脳が認識できないため、理解できないのですね。

母音、子音の両方の正確な発音と発音記号を理解し、自分でも正確に発音できるように練習しておくと、格段に聞き取りやすくなります。

英語の発音は変化・消失・弱化する

変化(リンキング・リエゾン)

ひとつひとつの単語の発音を正確に知っていたとしても、英単語はそれ一つで使われることはほとんどありません。文章として発音されるときに前後の単語によってリンキングという現象が起きます。リンキングとは単語の最後の音と、次に続く単語の頭の音が繋がる現象です。Check it out がチェケラゥに聞こえるアレです。Check の k の音と it の i の音がつながって(リンクして)”ケ”のような音に聞こえるのですね。

そして、itのtとoutのouがリンクして”タゥ”のように聞こえるはずなのですが、tの音はしばしばLの音に変化します。better が ベラー の様に聞こえるのもこのためです。
これは”flap t”と呼ばれています。

実はリンキングのような現象は日本語でも頻繁に起こっています。例えば「~しなくてはならない」というべきところを話し言葉では「~しなきゃならない」と言うことが多いですよね。日本語であれば耳にする機会か多いので、経験から意識しなくても理解することができますが、私のような純国産日本人は英語を耳にする機会が圧倒的に少ないので、仕組みとして理解しておかなければとっさに理解することができないのです。

消失・弱化(リダクション)

Good night はおやすみという意味ですが、グッドナイトではなくグッナイと聞こえるはずです。このように語尾のdやtは消えることが多いです。同じようにpやbも語尾にくると発音されません。

また、hの音もハッキリ発音されないことが多いです。he が イーに、him が イムに聞こえます。これはとても聞き取りにくく、ネイティブ同士でも聞き間違いが起こるようです。

同じ子音が連続する場合は基本的には1度しか発音しません。Good day はグッドデイではなくグッデイ(Gooday)となります。無声音と有声音は、同じ現象が起こるので、T/D、P/B、K/Gも連続する場合は1度しか発音されません。F/V、CH/J、S/Zも同じです。

英語が聞き取れるようになるためには

英語は日本語とは全く異なる発声であるため、上記以外にも様々な理由で聞き取りが難しくなります。ただし、コツやポイントをきちんと押さえた上で、毎日少しずつでもネイティブ英語を耳に入れるようにすれば、必ず聞き取れるようになります。

私なりのコツをひとつずつ紹介していければと思っていますので、あきらめずに一緒に頑張りましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする