英語を話すために学習を始める前にやるべき3つのこと

「英語が話せるようになりたい!」

そう思って私も勉強を始めました。ですが、大人が英語を勉強する際には子供たちと違って時間に限りがあります。

仕事、家事、育児、その普段の生活の中で学生のように机に向かってまとまった時間勉強することは非常に難しいことです。

さらに、英語に限らず、語学の学習は継続することが最も大事なポイントです。

大人が無理をせずにモチベーションを保ちつつ、英語学習を継続するためには、まず、やることがあります。

スポンサーリンク

なんのために英語を学習する?2つのタイプ

あなたが英語を勉強しようと思ったきっかけは何でしょうか。

大きくわけると英語を勉強する人には2つのタイプがあります。1つ目のタイプは単純に「英語そのものが好きな人」です。つまり、英語の勉強をすること自体が好きなタイプです。

こういったタイプの人は英語だけでなく、他の語学も同時進行で学習している人が多いです。英語だから勉強するのではなくて、中国語でもフランス語でもスペイン語でも語学ならなんでも興味があり、英語はその中の一つに過ぎないということなら「英語を学習すること」そのものが目的なのでモチベーションを維持するのは難しくないでしょう。

もうひとつのタイプは英語を使って何か目的を成し遂げたいと思っているタイプです。成し遂げるといってもそんなに大げさな目標でなくてもよいです。

  • 海外旅行に一人で行きたい
  • 映画やドラマを字幕なしで見たい
  • 海外で働きたい
  • 英語で日本のことを発信したい
  • 異性にモテたい、外国人の恋人が欲しい、外国人と結婚したい

目標はなんでもかまいません。大事なのは継続する熱意なのかどうか、英語を学習することが第一選択になるものなのかという2点です。

あなたが2つ目のタイプなら、英語は目的を達成するためのツールのひとつでしかありません。そのことはしっかりと認識しておきましょう。

外国人から必ず質問される「なぜ?」

私は海外に留学したり、海外で生活した経験はありません。

でも、普段から連絡を取り合ったり、日本に遊びに来た時には一緒に飲みにいく友人が何人かいます。

彼らと最初に会ったとき、私が自己紹介をすると、彼らは必ずこう聞いてきました。

Why do you learn English?(なんで英語を勉強しているの?)

私が英語学習を始めたころは、この質問をされるとうまく英語で答えられず困ってしまいました。相手も私が答えられない様子をみて不思議そうにしていました。

少なくとも、英語を使って誰かとコミュニケーションを取りたいと思っているなら、英語を学習する目的を英語で話せるようにしておきましょう。

恥をかく覚悟をする

英語を少しずつ話すようになると、恥ずかしい体験をたくさんします。

言い間違えて相手に笑われたり、うまく相手に言いたいことを伝えられずに相手を怒らせてしまったり。

でも、それは英語を学習していく過程では必ず通る道です。「失敗しなければ成長はない」と割り切って、恥をかくことも成長の証と楽しめるようになれれば、英語を話すハードルはぐんと低くなります。

また、失敗して恥をかくと人間は自然と「次は失敗しないようにしよう」と準備するでしょう。ひとつのモチベーションになるのです。

とにかく、「英語を話すためには英語をたくさん話すしかない」というのは矛盾しているようですが最終的な答えでもあります。

たくさんチャレンジして、たくさん失敗することが英語を話せるようになるための最短の道です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする